banner

用いられる規格について

banner広告宣伝用や販売促進用としてのぼり旗が使用されている
場面を目にすることができます。

具体的にはスーパーマーケットの店先や、他の各種小売店、
飲食店などでも見掛けることの多いものです。

実際に活用されているのぼり旗は様々な形状のものが使われており、
明確な規格というものはありません。

しかし、のぼり旗を専門に製造販売している業者の中では、
一定の基準を設けているケースが多く見られます。

特に人気があって、数多く用いられているのぼり旗の規格としては、
幅が60センチで高さが180センチ程度のものになります。

中にはさらに大型なものや、逆にミニのぼり旗のように
小型化されたものも用意されていますが、利用方法を
明確にした上で、最適なサイズを選択することが何より必要になります。

のぼり旗の規格として用いられているものの中には、
30センチ幅から45センチ、60センチ、90センチなどと
上がっていき、高さも様々なものがありますが、180センチを
メインとして利用される傾向にあります。

banner

規格を選択する場合では、設置する場所を把握することも必要で、
本来の目的である宣伝効果を上手に活用できるものに
作り上げることが何よりです。

Copyright(c)のぼり旗や横断幕について考える. All Rights Reserved.